アップル携帯の5大優勢は現在でもまだアンドロイドブランドが及ばない

スマートフォンの二つの陣営はAndroidとアップルです。アップルの販売台数に関わらず、スマートフォン市場の90 %前後の利益は全てアップルが持っています。今iOS とAndroidとの間の格差はますます小さくなりますが、製品としては、Android携帯が少なくとも四つの方面にまだアップルの高さに達しないです。http://www.tanpinar.net/?html-p2387.html
第一、タッチパネルに対する調整
ジョブズの後、世界を変えると言えるのは、携帯電話を再定義したからです。最も重要なところは体験にあります。往年最も流行っていたのは電気抵抗モニターです。アップルは初めてコンデンサースクリーンを使用したブランドで、同様の解像度でアップルが視覚的にAndroidよりずっといいです。そして、アップル携帯のタッチ感と正確度が現在ではAndroidブランドにはまだ及ばなく、特にそのシフォン感です。「ここにはシステムの流暢性ではないと注意してください」
第二、画像とブラウザを参照する iphone7 ケース ブランド
マルチタッチはずっとアップルの奥の手でス。当年、アップルは2本の指で画像を拡大して、詳細を表示させて、この革新するのは最も素晴らしいです。また、ブラウザを見る時の増幅と縮小が更に真実で順調です。
第3、Aシリーズのプロセッサは、消費電力の処理に更に省エネルギーです
同じの大スクリーン、同じ電池容量のアップルは航続で更に強く、これも争わない事実です。今Androidもクアルコムプロセッサあるいはキリンプロセッサやメディアテックが好んで、消費電力の処理ではまだアップルのAシリーズのプロセッサに及ばないです。同時代のプロセッサは彼らの性能が、アップルAシリーズには遠く及ばないです。
第四、写真の規模率
アップルの携帯電話が写真の効果の良いと感じさせる原因は、最大の点はそれが手当たり次第にいい写真を撮ることができるからです。どうして普通の撮影者はアップル携帯が好きでしょうか。それはパラメーターなどを調整せずにいい写真が撮れるからでス。Androidのバカ撮影能力はアップルと比べれまだ何かが足りなく、いい写真が撮りたいなら、各種パラメータを調整する必要があります。
第五、APPのコントロール能力
IOSは全世界で最高のAPPがあるのも事実です。特に上流産業チェーンへのコントロール能力も誰も及ばないです。同じAPPでも優先的にアップグレードのもきっとアップルで、この点については誰も否定できないでしょう。
もちろんアップルの携帯も完全完璧ではないです。Androidからの封じ込めを直面して、彼は今方向を失っているそうで、応用の革新に不足していて、競争の中に陥りました。今アップルが存在している問題はやはりたくさんあり、例えば品質管理、自動的にシャットダウンする事件などです。
Androidブランドとしたは、その利点を勉強すべきです。特にその金を儲ける能力です。お金がるだけで、研究開発ができます。

アップル

アップル

此条目发表在iphone7 ケース, 未分类分类目录。将固定链接加入收藏夹。

发表评论