AT&Tが5Gネットワークの速度をテストする 14GB/秒にも達する

ブルームバーグの報道によると、アメリカ電話iphone7 ケース 手帳型電報社AT&T第5代の移動通信システム(5G)の無線技術は最近実験室のテストで、14GB/秒の速度に達しました。当社はテキサス州オースティンで家庭ユーザーにDirecTV Now動画サービスを提供すると計画しています。http://www.tanpinar.net/?html-p2395.html
AT&T最高戦略官ジョン・ドノバン(John Donovan)は、インテル会社(Intel Corp.)、エリクソン会社(Ericsson AB)とクアルコム(Qualcomm Inc.)などの数十個のパートナーとの協力を通して、同社は実験帯域で第5代の移動通信システム(5G)家庭と商業ネットワークの性能をテストすると計画しています。この技術はもっと高い伝送容量を提供して、そのコストが光ファイバーネットより更に低いです。1月4日、AT&Tはラスベガスの国際消費電子製品展(CES)でその5Gネットワークの計画を発表しました。
Verizon Communications Inc. の開発のペースに追いつけるために、AT&Tは夜を日に継いで、全新の5Gネットワークサービスを急速に開発しています。この会社の無線とテレビ購読業務が激しい競争に直面していると同時に、何とかこの新しい分野で収入を得るとしています。
過去9年間で、ドノバンはAT&Tをリードして、2 Gから3 Gネットワークにアップグレードし、そしてまた4Gネットワークに昇格しました。彼は:5Gネットは無人自動車、実況地図と仮想現実などの技術を現実になり、さらにいっそう深遠な影響を生むと表示しました。「5Gネットは私がキャリアで参加したいかなるプロジェクトよりも大切で、なぜなら、それはこの技術が全新の世界を開いたからです。」と彼が言いました。
今回のCES年度科学技術大会で、ネットワーク設備メーカー、チップメーカーとサービスプロバイダーは争って5G技術分野で重要な役をつとめます。前の何代の無線技術が速度の向上に集中することと違って、5G技術はより速いネット応答時間とより高いネット容量を提供することに取り組んでいます。
ドノバンは、アメリカ電話電報社が2018年最初のポイント対ポイント接続の5Gビジネスサービスを発売すると予測しました。彼は、初の移動5Gサービスネットワークは2019年商用を実現すると話しました。

此条目发表在未分类分类目录。将固定链接加入收藏夹。

发表评论