サムサンLG折り畳み携帯用意する いったい何の役がある

ダブルスキュースクリーンから折り畳み式に進化するのは、韓国メーカーのサムサンとLGが消費電子分野で見た傾向です。http://www.tanpinar.net/?html-p2408.html
The Korea Heraldは関係者からの情報を引用して、サムサンは今年第3四半期にその初めての折りたたみスクリーンスマートフォンを発表し、そして10万台を用意すると計画したと示しました。
具体的に折り畳みの方式については、関係者は、この携帯は折りたたみ状態でスクリーンへが外側を向いて、展開してからは、7インチのタブレットとして使うこともできると話しました。
実は、大量OLEDフレキシブル-コア技術を把握しているサムサンはこの前既に折りたたみ式携帯の開発を完成しました。しかし、スクリーンは内側をみいて二つ折りで、毎回ユーザーが携帯を使う時、展開のステップが増加して、体験がよくないです。iphone7 ケース 手帳型
そこで、サムサンは昨年8月から外向き折りたたむ携帯の開発を始めました。既存の基礎の上で、これは技術的な難関とは言えませんが、正式に消費者と会うのがまだ今年後半まで待つ必要があります。
サムサンの本土のライバルLGは、今年下半期で10万台の折りたたみ携帯を生産、販売する予定らしいです。
そして携帯事業がずっと不況のレノボは、去年6月のTech World大会で折りたたみ携帯を展示しました。
設計図と実演から見ればでは、この概念性製品は180度に二つ折りすることができなく、ブレスレットの形に曲がってい、腕に装着することができます。
単純に技術からいえば、折りたたみOLEDスクリーンの折り曲げる部分の下は、保護の作用の硬い基板がなく、設計上で、少しでも過失があれば、使用する時にダメージがしやすいです。その最大のメリットはスクリーンを拡大して、映像などを観ている場合、方が良い体験を提供することができます。
しかし、携帯メーカーにとって、折りたたみスクリーンの前期の開発投資、ハードウェアのコストは全部が高く、たとえスキューモニターに慣れた消費者にも、100%折りたたみ式携帯を引き受ける可能性が低いです。
まして、ダブルスキューモニターはあまり多くの実用的な価値がもたらさないで、ただ外観だけが美しいです。
しかし、旗艦製品がだんだん同じになる携帯市場では、リードする者が率先して差異化を求めるのは正常なことです。では、肝心な点は、サムサンとLGはどのように折りたたみ式携帯の美しさと実用性を豊かして、表現することにあります。

55f7db15224c4fe6b6eaba271bc266ab20170113133111296b1a4693454847b38a08b04c4728c420170113133123

此条目发表在未分类分类目录。将固定链接加入收藏夹。

发表评论