アップルAirPodsどのくらい開発したか 答えが来た

アップルはいくつかの新しい製品を発表するたびに業界の注目を長く受け、最新のAirPodsイヤホンもそうです。では、この新しいものはアップルがいつから研究し始めたのでしょうか?今は答えが来た――2015年、つまり、アップルは2年内でAirPodsを研究開発から販売までの過程を完成しました。iphone7 ケース ブランド
アメリカ特許商標局は発表した一つの特許によると、アップルAirPodsの開発は2015年からすでに始まりました。この特許は「無線オーディオ出力デバイス」と呼ばれ、特許では一種の二つのワイヤレスヘッドフォンの互いの通信方法を紹介して、また充電できる収納ボックスとカップルの主な設備もあり、例えばiPhoneです。http://www.tanpinar.net/?html-p2393.html
この特許はAirPodsの技術特許で、AirPodsは二つの本当のワイヤレスヘッドフォンケースを提供し、同時に収納ボックスはまた充電箱としても使用できます。一つ一つのAirPodは全部自分のプロセッサと通信チップがあり、つまりW1のことで、他のセンサーは距離センサー、加速度センサーなどが含まれています。アップルのいくつかのカスタムチップのほか、AirPodsは簡単なワイヤレスヘッドフォン設計です。
また、AirPodsの充電箱は自分のプロセッサと通信チップもあり、またより大容量の電池もあり、開く状態の蓋を感知することができます。蓋が開いた後、iPhone上ではすぐカップルのインターフェースが出て、このデザインはユーザーの操作を減少し、カップル速度を加速します。特許の中で、充電ボックスでボタンを増加すると言及して、ユーザーは押してから、ペアリング過程を開くことができます。しかし、AirPodsが発表した後、iOS10とmacOS Sierra設備は蓋が開いた後自らカップル窓口を弾いて、カップルを完成して、操作を簡素化しました。
全部のAirPodsにはメモリモジュールが含まれ、接続情報を貯蔵することができ、Bluetooth接続情報、MAC物理アドレスが含まれ、これで設備はAirPodsを区別することができます。このデザインはiPhoneがAirPodsと充電箱の余った電気を調べることができるためです。
また、その特許にはたくさんのイヤホンカップルと通信の技術を記載していて、これもアップルは一つ一つの製品を開発に大量のテストと実験を行ったと示し、最終的に最高の解決案を決定し、同時に設計高品質、完全のワイヤレスヘッドフォンの複雑性も示しました。

AirPods

AirPods

AirPods

AirPods

此条目发表在未分类分类目录。将固定链接加入收藏夹。

发表评论