アップルサービス業務好調:4年後業績の主力となる

海外メディアAppleInsiderの報道によると、マッコーリー研究会社のアナリストBen Schachterは近日アップルに関する調査研究報告を発表しました。研究報告によると、アップルはここ数年、その自宅のサービス業務を支援していて、いい成果を獲得しました。iphone7 ケース 手帳型
Schachter は2021年までアップルのサービス事業がグループ全体の業務の75%に達すると思っています。Schachterは報告の中で、20201年アップルサービス業務のデータを掲げ、App Storeの粗利率は予想約90%で、Apple Care技術サポートサービスの粗利率は70%で、iTunes、iCloud、Apple Payなど他の全部のサービスの粗利率は64%です。また、今年からアップルサービスの売上高の年間成長率は予想17%で、ハードウェアの売上高は毎年2 . 4%成長します。
これに先立ち、アップルグローバルマーケティング高級副総裁Phil Schillerはツイッターを発表し、昨年11月App Storeの売上高は新たな歴史記録を創造したと示しました。しかし、SchillerはApp Store具体的な収入金額を提供していません。明らかに、アップル今年の売上高の出所はやはり大いにサービスから獲得したものです。http://www.tanpinar.net/?html-p2411.html
昨年7月の時、App Storeのアプリストアは既に記録を更新して、全体の月売上高及び開発者に支払った分配金額は全部過去最高の記録を作り、そしてApp Storeは開発者に累計500億ドルを支払ったことが更には画期的な意味があります。第三财季アップルが提供したサービスの売上高は59.76億ドルで、前年同期の50.28億ドルより19%も増えました;他の製品の売上高は22.19億ドルで、前年同期の26.41ドルより16%も下落しました。 App Storeの売上高はアップル社の業績に非常に大きな貢献を作り出したと見えます。

アップルサービス

アップルサービス

此条目发表在iphone7 ケース, iphone8 ケース, 未分类分类目录。将固定链接加入收藏夹。

发表评论