アナリスト:iPad業務は表面のように悪くはない

意外がなく、iPadの製品ラインは前四半期での表現が依然としてよくないです。データから見ると、前四半期のiPadの出荷量は1308万台で、前年同期比19%も下落し、売上高は22%下落しました。iphone7 ケース ブランド
大げさに言っても過言ではないですが、今iPadは既にアップル社表現の最も悪い業務になっております。しかし、iPadは本当にデータのように悪いですか?アナリストのコメントを見てみましょう。http://www.tanpinar.net/?html-p2413.html
投資サイトThe Motley Fool傘下のアナリストは近日ある記事で、前四半期の1309万台のiPad出荷量が最終的な市場の需要を代表していないと表示しました。
なぜなら、アップルが公表したデータから見ると、当社は前四半期に70万台のiPadのルート在庫を減少し、これは市場の実際需要は1379万台のはずだという意味です。そして一年前の同四半期で、アップルは彼らが90万台のiPadルートの在庫を増加したと主張し、最後の出荷数は1612万台ですが、実は市場の実際ニーズが1522万台です。
そう見ると、iPadの市場需要は一年を経て、「ただ」9.4%下落しただけで、決算が表示した19%のように誇張ではないです。アップルCEOのティム・クックも決算会議で、iPadの製品ラインがエキサイティングな新製品を迎えると表示しました。彼はタブレットコンピュータの将来にまだ自信に満ちています。
ユーザー体験から見れば、iPadが売れないのは新しい設備がよくないためではなく、旧設備は既に十分だからで、しかもタブレットはスマートフォンのように必須の製品に属していないです。

iPad

iPad

iPad

iPad

 

此条目发表在未分类分类目录。将固定链接加入收藏夹。

发表评论