iPhone8概念設計 五番目はまさにホームボタンを再定義

iPhone8

iPhone8

今はまだiPhone8の発表から半年の時間があり、しかし、これは全然世界各地からのデザイナーたちが自分の想像力を十分に発揮し、アップルの代わリに心配することを邪魔していないです。今は既に多くのiPhone8のコンセプトデザインが私たちの前に登場し、今日はその中最も人気の5つの設計をスクリーニングし、皆に展示します。それらは色々な比較的に人気なかつ実現可能な特性を含め、たとえば透明のディスプレイと曲面スクリーンなどです。これから一緒に見てみましょう。iphone7 ケース 手帳型
1、最現実バージョン

iPhone8

iPhone8

この概念設計は私の最愛と言ってもいいです。このiPhone8の考え方はデザイナーMoe Slahからのもので、しかも最も実現可能な一つで、それはこのiPhone8の概念設計が現在既に露出したiPhone8の多くの噂を参考していたからです。超狭いボーダーズディスプレイとスクリーンの下に指紋認識機能を内蔵するなどが含まれています。設計スタイルではiPhone7と比べてあまり変わらく、どうしても最高を選ばないと、私はこっちを選びます。http://www.tanpinar.net/?html-p2419.html
2、副ディスプレイ

iPhone8

iPhone8

このiPhone8の概念ビデオはYouTubeのApple Designerチャンネルからのもので、実現させる可能性は低いですが、非常にアイデアがあるので選ばれました。フチなしディスプレイのほか、隠し式の指紋識別センサーとLG V20と類似していて、スクリーン底にデザインされている副ディスプレイが含まれています。しかし、このようなデザインは確かにiPhone8で現れる可能性が少なく、しかし、我々の注意を大いに引きつけました。また、ワイヤレス充電機能はiPhone 8に採用されている可能性があります。
3、透明なボディ
このiPhone8の概念設計はデザイナーGeorgy Pashkovからのもので、非常に独特な透明ボディーと特殊なセンサー設計を持っていて、まさに芸術の想像力が満ちている作品です。またこのiPhone8のスクリーン自体もスピーカーで、設計風格はこの前見たシャープのAQUOS Crystalに似ています。だからこの概念設計は同様実現しにくく、しかし、同様にとても人を驚嘆させました。
4、曲面スクリーン
このIskaander UtebayevデザイナーからのiPhone8の概念設計は同様にサプライズのあるアイデアを展示しました。これは本当のiPhone8の様子ではないですが、ConceptsiPhoneは、この概念設計のたくさんの考え方が既存iPhone8の噂を基づいて設計したものだと示しました。曲面ディスプレイとスクリーン下に組み込んでいるホームキーのデザインを含み、これらはすべて私たちがiPhone8で見たい新特性です。
また、我々はこのiPhone8の概念設計に、カメラの位置も非常に珍しいと見え、初めて中間の位置に登場し、これも私たちが初めてこのような考えかたの概念設計を見ます。しかし、少なくともそれは非常に綺麗で調和していると見え、一体になります。もちろん、ジェットブラックの本体カバーはまたiPhone7の魅力を続いて、どうしても多くのアップル愛好者に物欲しそうな顔をさせます。
5、カスタマイズ可能なHomeボタン
このThadeu BrandaoデザイナーからのiPhone8の概念設計は、一目見ると、完全にiPhone7のデザインを続いたようで、しかし、ホームボタンがまったく違っています。この概念のiPhone8の特徴は、そのホームキーが新しいMacBook ProのTouch Barによく似ているということです。ただ1つのメインモニターボタンだけではなく、全体の携帯の底に全新のUIと操作可能性をもたらしました。
たとえば写真アプリケーションをつけるとき、ホームキーの左右は裁断、明るさ調整などの機能ボタンを表示します;ビデオあるいは音楽アプリケーションでは、それは全体のトラックやビデオ軌跡を表示し、簡単に欲しいの位置にスライドすることができます。iMessageでは、右矢印をクリックしてから2級のメニューを開く必要がなく、ホームキーのそばに直接iMessageアプリと落書きアイコンを表示して、現在のiOS10に比べると、大いに便利になりました。

此条目发表在iphone8 ケース分类目录。将固定链接加入收藏夹。

发表评论