アップル新社屋『Apple Park』と名付け、今年4月からオープン

2011年六月、ジョブスがクパチーノ市議会にアップルの新社屋の計画を紹介しました。2011年六月に、宇宙船と呼ばれる社屋の巨体なホールとビュッフェスタイルレストランや、中心建築はソーラーパネルを採用するなどの詳しい情報が披露されました。
Apple Parkというと、ジョブスが生前のことを振り返らなくてはいけない。全敷地面積は約280万平方フィートです。iphone7 ケース ブランド。建築全体が全世界で初めで知能システムを採用し、合理的に温度、照明、湿度などをコントロールします。ジョブスが生前話した言葉でいうと「新しいビルはまるで着陸した宇宙船のようです。」

http://www.tanpinar.net/?html-p2426.html
アップルの新社屋は4階あり、一万人以上収容できます。アーキテクトのステファン・ベーリング(Stefan Behling)がその建築は世界中同じ規模のプロジェクトとなかで最もエコの一つです。ソーラーパネルの窓が装置しているので、アップルは電力供給をソーラーパネルや天然ガスで70%賄うようにします。送電網は緊急事態しか使えません。特製のガラスがつけている窓のおかげで、一年中多くの時間にクーラーをつけなくてもいいです。建築にリサイクルな施設もあります。それから、新社屋には緑の空間がたくさんあります。そこに数千本の木が植わっていて、果樹園やセンターパークがあります。アップルは80%の敷地が風景エリアとなっていると示しました。
ティム・クックCEOは「ジョブスのAppleに対するビジョンは彼の生きた時代をはるかに越えて、現在の私たちにつながっている。彼は、Apple Parkを今後何世代にもわたってイノベーションの拠点とすることを企図していた。職場とそれを取りまく緑地は社員にインスピレーションを湧かせ、環境に配慮してデザインされている。私たちが築き上げた建物は世界で最もエネルギー効率に優れたもののひとつで、新社屋は完全に再生可能エネルギーだけで運営されることになる」と述べました。

此条目发表在未分类分类目录。将固定链接加入收藏夹。

发表评论